横手市の住宅・建築・リフォームのことなら、合名会社丸新住宅へ

HOME>お知らせ
お知らせ
       ☆☆☆ 丸新住宅ホームページへようこそ !! ☆☆☆
 当ホームページもはじめてから10年が経過しておりました。

 近々リニューアルのため準備をすすめております。

 当ホームページにご訪問いただきまして誠にありがとうございました。

 私たちは職人共々毎日、お客様の大切な居住空間を任されております。

 今後とも最善の仕事を貫けるよう励んでまいります。

睦合中村 薪ストーブのある家
photo
 
   
 S様邸のご厚意による完成内覧会を開催いたします。

  文 字 町 睦合中村です。

 平成29年8月26日.27日 10:00〜16:00

土間リビング
photo

 大理石張の土間リビングと薪ストーブ

吹き抜けの空間
photo
 

 

2階ホール
photo

和室
photo
photo

薪ストーブと煉瓦 土間の大理石
photo
 イタリア大理石とタイル
photo
 床材は15mmオークの無垢材です。

 深みのあるオークの活きた色と紋様に感動しお施主様に採用して貰いました。

 他にもケヤキの大黒柱と花凜の床柱 梨の一枚板に松の羽目板など 木フェチには堪らない

 逸品のコラボした楽しい家です。

洋室
photo
 
内覧会は2日間開催されます。

外観のアイジー社製サイディングと土間リビングに鎮座する200kgのベルギー製の薪ストーブに

イタリアからの大理石とタイル 味わいのあるヨーロッパの煉瓦等々 是非ご覧下さい。





遮熱シート
photo

K様邸 
photo

K様邸 玄関ホール
photo

 ホール
photo

 LDK
photo

 神仏室
photo

 K様邸 
photo
こちらは神仏間です。

photo
床を1段高くし そのスペースに畳1枚分の引き出し式収納としました。

 寝室
photo

 洋室
photo

 廻り階段
photo

 F様邸 2世帯階上のキッチン
photo

 畳室
photo

 階段
photo

 H様邸 新築住宅
photo
 

 外観 1
photo

 外観 2
photo

 風除室
photo

  LDK
photo

 対面キッチン収納
photo

 奥様が便利 (マグネットが付くホーロー掲示板)
photo

S様邸 和室
photo

S様邸 和室
photo

S様邸 吹抜けとロフト
photo

 吹抜け
photo

 吹抜け2
photo

 吹抜け3
photo

S様邸 対面キッチン
photo

 キッチンから
photo

S様邸 和室床下のスライド収納
photo

びっしりと床に断熱材が充填されました。
photo
 
 近頃は低燃費車が人気です。

 沢山ガソリンを消費する車より同じ距離を走るなら少しでも燃費の良い方が特だと

 考えられるからですね・・・。

 
 オール電化住宅もその考えと似ています。

 車の買換えが10年だとしたら家は最低でもその数倍です。

 近年の異常気象が原因で夏も非常に暑くなりました。

 
 冬も寒い秋田には冷暖房費の負担が重く圧し掛かります。

 そこで何よりも大切なのが光熱費を抑える断熱材にあると思います。

 
 家も★低燃費が一番★で家計を助ける断熱材が最大の重要点になっています。
  

 丸新住宅の断熱工法は★低コストで高効率★を目指した仕様です。

 お客様からもとてもよろこんでいただいています。
photo
 床と壁.天井にはびっしりと密度の高い断熱材が隙間も無く吹付け充填されています。

 
 熱いポットのお湯が冷めないのは容器の周りに断熱材が入っているためですし

 冷たい缶ジュースも保冷バックに入れると冷たさが長持ちしますよね・・・。

 その原理と同じく冬は暖めた空気は暖かいまま逃がさず。

 夏は外の熱気を防ぎクーラーの使用を最小限にとどめます。

 夏も冬も快適で家計にも負担が少なくムリやムダが少ない工法です。

壁と天井にも断熱材が充填されています。
photo
photo

断熱吹付け状況
photo

 天井と壁の吹付け状況です。

 現場発泡で高性能の断熱材が隙間無くびっしりと充填されています。

 
photo

 床面も厚い断熱のブロックで室内は床暖のようだと言われることがあります。

T寺 本堂 修繕工事
photo
  格天井修復工事

   H24.5 
photo

 F様邸 縁側修繕工事
photo
 F様邸 

 縁側のツツジがとても美しい時期の完成を迎えました。

 花の甘い香りが漂う庭園での完成に私たちは、大工冥利そのものでした。
photo
 
 縁側の廊下には、けや木の縁甲板を、腰板は檜を誂えました。
  
 杉のいなご貼りを天井とした。 お引渡し前の お掃除中のひとコマです。 ^^

 和風・・・っていいですね。。。

S様邸 和室
photo
 
 和室です。 神棚、仏間、押入れ、地袋付きの杉板・・・雪見障子の優しい明りが

 とても穏やかな雰囲気を醸しだしてます。

 本物の杉の厚い板を見に来てください。
photo

S 様邸 新築工事
photo

 玄関ホールから廊下へ・・・

 腰壁は桧の無垢材を使用しました。

 床のフローリングと溶けて 穏やかな色合いが調和しています。

F様邸 オール電化住宅新築工事
photo

 現在 ハウスクリーニングをしています。

 とてもゆったりとして明るく広いリビングです。

 ・・・もうすぐ完成ですね (^^) 

F様邸 オール電化住宅新築工事
photo

 2階 LDK ・・・ 白を基調としているインテリアです。

 ・・・カウンターがアクセントになりとてもシンプルでいて斬新な美しさを感じました。

横手市二葉町 F 様邸オール電化新築工事
photo

 外部状況です。
photo

 内部床断熱施工状況です。

S様邸 床.壁 断熱材施工
photo
 隙間無く断熱材が吹き付けられるので断熱性が極めて高い値を示す工法です。

 地方の地場工務店であります当社が工夫を凝らしたオリジナルの施工方法です。

 大手の高価で割高なキャッチコピー工法より、工事費用や冷暖房費の節約には最大限の貢献をいたしております。
photo
photo

S 様邸 新築工事
photo

 和室の地袋天板はこの杉の無垢材です。 杉の杢目の美しさは重厚感が漂います。
photo
photo

S 様邸 新築工事
photo

 ベタ基礎の配筋状況です。

 コンクリートで隠れてしまう部分ですが念入りに綺麗に配列されています。

 暑い日差しの中、これも職人さん達の心意気ですね。
photo

 勿論、第三者機関の検査において一つの指摘も受けずに配筋検査を合格しました。
photo

 検査に来られた方にも『とても丁寧です。文句の付けようが無い』と一言もらいました。

 ・・・ありがとうございます。

十文字町 S様邸 ダイニング キッチン
photo
 造りつけの食器戸棚です。

 

 

S様邸 対面キッチン (羽後町)
photo
 

 S様邸 LDKの対面仕様のキッチンカウンター下には 蓄熱式暖房器があり、

 壁面には当社製作(もちろん手作り)のキッチントールが配置されています。

 施主奥様のご要望で製作させていただきました。


 扉も引き出しもすべてソフトクローズを採用しています。

 強く閉めても『バッタン・・・』という音はしません。

 閉じる直前でゆっくりと閉まります。

 『うーん・・・とてもいい仕立て・・・』と職人の仕事だと感じます。

 棚のピッチや大きさまで 奥様のプランです。

 施工主様の思いを容に・・・こちらにも世界に1つだけの オンリーワン です。


 

S様邸リビング (羽後町)
photo


 約100年前に築造されたご自宅の蔵を解体した際に
 
 5間通しの棟の梁を使っていただきたいとのご要望から

 内部の仕上げ材として使用させていただきました。

 

 ゆったりとしたLDKの 空間が心地よさを感じさせます。

S様邸 リビング (羽後町)
photo

C様邸 キッチン
photo

 キッチンは 左右どちらにも 通り抜けられ

 台所での動線がスムーズです。

C様邸 キッチンの向こうには・・・
photo

 キッチンの向こうには洗面脱衣室と浴室があります。

 ご夫妻には、小さな お子様がいらっしゃって

 奥様が台所で家事をしながらも、お子様の入浴を見守る

 ことができます。

C様邸 リビングとこあがりの畳間
photo


 8帖間の畳の下には可動式の収納と

 畳を起こすと収納できるスペースがあります。

C様邸 リビング
photo

C様邸 リビング
photo

C様邸 畳間から
photo

F 様邸改築工事
photo


 伝統的な和風住宅の外観です。

F様邸 LDK
photo

 

F様邸 LDK
photo

F様邸 居間
photo

 天井は桧の無垢材です。

 畳間の壁面は杉板材を使用しています。

F様邸 LDK
photo

A様邸 畳間床収納
photo

 収納力と引き出し内部の見易さが際立ちます。

ウレタン発泡吹き付け状況
photo
断熱には最新の気配りをしています。

K様邸 リフォーム Part2 〜螺旋階段です。〜
K様邸の畳間です。
初めはバリアフリーとして畳もフロアとフラットに考えておりましたが、お施主様が「腰を掛けるくらいの高さに畳を敷いたらどうでしょう ?」と施工過程の段階でアイデアをだしてくださいました!! 天井高を変えることができない状況でしたので、メリット=デメリットを話し合いましたが、この通り採用されました。生活動線の中で床が段差の無いフラットが優れているのは、皆様ご承知の通りです !! しかし、柔らかい雰囲気と座ったときに、目線の高低差が少なく見下ろされてるような錯覚もおこりません。 一段高い和室・・・昭和の頃のお家にはありましたよね〜 ^^ なんとなく親戚の家にあった一段高い和室・・・お盆やお正月、お祭り等 にぎやかな時に活躍した和室。小さい頃ジャンプして遊んだな〜 なんて思い出してしまいました ^^; 
300×225
螺旋階段とキッチン・・・ ? 調和してるんですよね〜 不思議と・・・ ^^

K様邸 リフォーム Part3 〜初冬の朝日〜
photo
初冬の低い朝日が陰影をつくります。 南側に面した、暖かいリビングとダイニングです。

合名会社 丸新住宅では

 当社は、秋田県の南部、横手市十文字町にある工務店です。
安心して暮らせる特色ある家造り、住む人のための、オンリーワンを目指しています。
 これまで、沢山の皆様にご支援をいただきました。今後は更に、お客様から信頼される造り手になるよう、どんな小さなことでも、親身になってアドバイス出来るよう、常に心掛けてまいります。
いつでも気軽にご相談下さい。